気持ちのサンドバッグ

気になったことを調べて、まとめたり意見を書いたりします。あくまで個人によるエッセイなので、事実関係の確認はご自身でお願いします。

スポンサーリンク


IFTTTとGoogleフォトの連携が便利すぎて もう通知が止まらないっ!

自動で画像をバックアップする方法 スクリーンショットの撮影が無音になってからというもの、iPhoneのスクショが捗る。しかし、スクショを撮りすぎると、容量を圧迫してしまう。 実際、私の場合は、ガチャの排出結果などはプライベートのアカウントに流しは…

スクエニの新メディア戦略 「アプリコット・レグルス」とは何者なのか?

スクメロは2.5次元コンテンツとして王道か? 邪道か? 突如現れた2.5次元アイドル「アプリコット・レグルス」。本人たちの説明不足もあり、その実体がうまく伝わっていない気がする。 彼女たちはライトノベル風RPG「スクールガールストライカーズ」というゲ…

日本人らしさはひとつに限定されないというお話

グループを定義することは人の可能性を狭める さまざまに定義される日本人 カズオ・イシグロ氏がノーベル文学賞を受賞された。 このイシグロ氏に対して、日本人として扱うか、イギリス人として扱うかがネット上で話題になっていた。 私としては、イシグロ氏…

1人のカリスマありきの組織はとてももろい

カリスマが主力のチームは不安定だ 1人の天才に全てを委ねる。一見すると、それは成功への近道だと思われる。 無能な凡才はいつも失敗し、組織に迷惑をかけるからだ。 でも、天才にも限界はあるのではないだろうか? その天才が急にいなくなったら、組織はど…

人間の手で不幸になる野生動物 我々が知るべきこと

Photo via pixabay 我々は動物のことをこれっぽっちも知らない 善意が動物を傷つける Twitter上で、野生の子猫が親猫から育児放棄されるという話が話題になっていた。 親猫は人間を恐れ、子猫を置いて逃げてしまうのだという。 毎日新聞で紹介されていた事例…

頭の良い人「レトルトカレーをそのままレンジでチンできるようにした」

最近のレトルトカレーは皿に移さずにレンジでチンできる 久々にカレーの気分だったので、レトルトカレーを買った。レトルトカレーといえば、袋ごとボイルするか、中身をお皿に移して電子レンジで加熱する必要があるというのが従来のイメージだ。 ところが、…

SNSキャンペーンの失敗:説明書を読まない人間と発想の敗北

電柱フォトコンテスト ある団体が無電柱化を推進しようと、電柱が風景を害している様子を撮った写真を募集した。 mudenchuka.jp 本来美しい写真が集まるフォトコンテストで、醜(みにく)い写真を募集するという奇をてらった企画。のはずが、風情ある風景写…

ITの力でメガネ屋はますます便利になっていく

Photo via pixabay メガネ店のIT化について 先日、メガネを壊してしまい、近くの店舗で買い換えた。以前、この系列の店舗でメガネを買った際は、申込書を手書きで入力する必要があり、他店で購入したメガネのデータを利用することができなかった*1。今回、2…

発言者よ、フェイクニュースから身を守るために言葉の剣を抜け

Photo via pixabay 言葉は恣意(しい)的に利用される ちょっとした発言が誤解され、それを弁明したら、誤解が解けた。そんな子ども向けアニメのような展開は、現実には期待できない。 現代、ネットメディアの発達により、情報の伝わる速度はどんどん高まっ…

災害時の即席麺〜水カップ麺からチキンラーメンスナックまで〜

Photo via PEXELS 災害時非常食の検討 今朝、警視庁警備部災害対策課が、カップ麺の水調理の方法を画像とともにツイートしていた。

スポーツマンを場外で批判することはスポーツマンシップに反するのではないか?

Photo via pixabay スポーツの試合を裁くのは誰か? スポーツの試合で暴徒化した観客が乱闘騒ぎを起こす。海外のニュースでよく報道される光景だ。だが、ネットが発達した今、その舞台はソーシャルメディアにも広がっている。 観客が持ち込んだ不適切な応援…

日本では会社員以外の労働者が職業差別をされる

この国では労働の一般的定義が狭すぎる 日本という国では、これほど会社員のブラック労働が浮き彫りになっていても、会社員至上主義がまかり通っている。絵師が会社員に不当な契約を結ばされたり、すでに「就職」しているフリーランスの労働者が就職しろと言…

性別限定イベントと排除される人々

性別限定のイベントを開くことへの懸念 日々男性からの性的な目に晒されている女性。男性の目から離れて出勤できたら、あるいは娯楽ができたら、さぞ楽なことだろう。一方、男性の側も女性に配慮することなくのびのびとできる環境があったほうがよいという人…

世間にはびこる勘違いノブレスオブリージュ

相手を想うという言い訳 相模原障害者施設殺傷事件から1年が経ち、思うことがある。世の中には、自分より弱き者の幸福を勝手に願って、かえって相手を不幸にしていることが稀にあるのではないか、と。 相手のためにならない「善行」 人間には、自分に跳ね返…

インスタ映えのために残された料理とInstagramブームに取り残された齢24のおっさん

食べ物に牙を剝くInstagramの大波 ここ数ヶ月で天下のNHKすらもインスタ映えを意識するようになっている。6月の番組では、インスタグラムに限定せず、「SNS映え」という形で過剰とも言える飲食店の売り込み戦略について特集していた。 hh.pid.nhk.or.jp 若者…

文春砲不発:声優ゴシップが響かない理由

役割を捉えぬゴシップ 最近、天下の文春砲が声優に関するゴシップ記事で失敗しているということが話題になっている。記事の内容がネットユーザーのおもちゃにされたり、熱愛がむしろ祝福されたりして、スキャンダルとしての意味をなしていないのだ。 おそら…

「内部告発したら解雇」は違法〜公益通報者の適切な取扱いについて〜

日本にはびこる指摘の封じ込め 残念なニュースが入ってきた。不正を内部告発した委託業者の社員の個人情報を横浜市の職員が漏洩してしまったのだ。もちろん、倫理的にも問題があるわけだが、日本の法律にも違反している可能性がある。 www.asahi.com という…

二重国籍だけでなく無国籍にも目を向けよう

何人とも認められない人々 現在、国会議員の二重国籍が問題になっている。はっきり申し上げるが、ここで取り上げたいのはそちらではない。2つ(以上)の国籍から1つを選べるというのは、ある意味で贅沢なことである。しかし、世の中にはどちらの親の国籍も選べ…

2つ空けて座る:鉄道社会と自動車社会で変わる感覚について

文化の前提にある交通手段 7つある席に、1つ置きに4人で腰掛ける。鉄道が発達した都会でよく見る光景だ。電車では、この座り方によってより多くの人を着席させることができ、なおかつプライバシーを守ることができる。 しかし、鉄道にあまり乗らない人、特に…

「シャープ製品公式」から学びたい公式アカウントの注意点

ソーシャルメディアで公式アカウントが炎上しないために 件の「シャープ製品公式」Twitterアカウントが停止されることが発表された。これは、任天堂から発売される「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」について、収録ソフトを値踏みして批評す…

買い物難民もどきになったので買い物難民について書く

Photo via pixabay 買い物難民は足がないのではない。方法がないのだ 金沢市に来て2週間ほど経つが、できることとできないことがわかってきた。結論から言うと、車がないと行けない店が多いので、足だけあっても意味がない。千葉県にいたときに当たり前に使…

「200円」が言えないバス運転手〜地方インバウンド観光の限界〜

困る外国人観光客、困る運転手 現在、石川県金沢市に短期滞在している。今日、駅と滞在先とを結ぶバスの中でちょっとした事件が起きた。外国人観光客らしき家族連れがどうやら乗るバスを間違えたらしいのだ。運転手は必死に応対するが、出てくる言葉はほぼ全…

車椅子ユーザーがLCCを使うのは最低限認められるべきではないか?

費用削減と「最低限」 何が言いたいか 長くなったので、とりあえずこの記事で言いたいことを先にまとめておく。 LCCの提供する「最低限」のサービスというのは、「最低限」航空会社としての体面を保てる程度のものということではなく、旅客が安全で快適に渡…

北陸新幹線に乗った。思ったより快適だった。

満足いく交通手段? 現在、家庭の事情で石川県金沢市に来ている。プライベートすぎるので、詳しい事情については触れないでおきたい。さて、今回の移動には北陸新幹線を使った。各種報道からあまり繁盛していないのではないかという疑惑もあるが、少なくとも…

ネットの嘘を見抜くために最低限の努力はしようというお話

誤情報を発信しないためにできること 某テレビ局が最近、誤報を2回出した。いずれもネット情報をソース(出典)にしたと見られ、お笑いのネタとして書き込まれたものを真に受けている。騙されるとは愚かだとも言える。 とはいえ、自分たちが騙されないかと言わ…

「多様性」や「寛容」について考える前に「生きづらさ」について考えよう

異文化と異なる価値観を知る 同じ文化はひとつとして無い 同じ文化や価値観の中にたくさんの人がいるという時代はとうに終わった。グローバル化によって、人・モノ・情報の移動が活発になった上、産業の空洞化によって、地方に住んでいた人が都市へ移動して…

VRシアターに行ってきたので感想などを……

VRシアターの魅力と課題について 先日DMM VR THEATER YOKOHAMAで上演された「アイカツスターズ!イリュージョンShow Time(以下、アイカツスターズ)」を拝見した。このVRシアターというのは誤解を招きやすいので、簡単に説明したい。というのも、世間で言われ…

性教育と配慮:男性が女性について知ることは重要なのに大変だという話

「生理する意味」 人間にとって、異性の肉体は未知に溢れている。それをできるだけわかるようにしていくというのが、性教育の役割である。ところが、どうもそういうわけにはいかない。この度、セックスする予定がないのに生理する意味はあるのか、という21世…

アニメの地域格差:情報のグローバル化とはなんだったのか?

Photo via pixabay インターネットが情報格差を是正しない業界 インターネットの普及が情報格差を是正した。そういう思い込みが我々の中にある。なるほどeコマース(電子商取引・ネットショッピング)であらゆるものが地方在住者の手に届くようになり、電子書…

芸能人を馴れ馴れしく侮辱する? SNSの時代に思うこと

Photo via pixabay 違和感のある距離感 「私なんてブス」「俺はデブ芸人」 こういう売り方をする芸能人もいる。あるいはバラエティ番組の「イジリ」において、芸能人が他の人とは違う価値観を持っていることが露呈することもある。昔は基本的にこれがテレビ…

スポンサーリンク