気持ちのサンドバッグ

気になったことを調べて、まとめたり意見を書いたりします。あくまで個人によるエッセイなので、事実関係の確認はご自身でお願いします。

スポンサーリンク


メディア

スクエニの新メディア戦略 「アプリコット・レグルス」とは何者なのか?

スクメロは2.5次元コンテンツとして王道か? 邪道か? 突如現れた2.5次元アイドル「アプリコット・レグルス」。本人たちの説明不足もあり、その実体がうまく伝わっていない気がする。 彼女たちはライトノベル風RPG「スクールガールストライカーズ」というゲ…

SNSキャンペーンの失敗:説明書を読まない人間と発想の敗北

電柱フォトコンテスト ある団体が無電柱化を推進しようと、電柱が風景を害している様子を撮った写真を募集した。 mudenchuka.jp 本来美しい写真が集まるフォトコンテストで、醜(みにく)い写真を募集するという奇をてらった企画。のはずが、風情ある風景写…

ITの力でメガネ屋はますます便利になっていく

Photo via pixabay メガネ店のIT化について 先日、メガネを壊してしまい、近くの店舗で買い換えた。以前、この系列の店舗でメガネを買った際は、申込書を手書きで入力する必要があり、他店で購入したメガネのデータを利用することができなかった*1。今回、2…

発言者よ、フェイクニュースから身を守るために言葉の剣を抜け

Photo via pixabay 言葉は恣意(しい)的に利用される ちょっとした発言が誤解され、それを弁明したら、誤解が解けた。そんな子ども向けアニメのような展開は、現実には期待できない。 現代、ネットメディアの発達により、情報の伝わる速度はどんどん高まっ…

スポーツマンを場外で批判することはスポーツマンシップに反するのではないか?

Photo via pixabay スポーツの試合を裁くのは誰か? スポーツの試合で暴徒化した観客が乱闘騒ぎを起こす。海外のニュースでよく報道される光景だ。だが、ネットが発達した今、その舞台はソーシャルメディアにも広がっている。 観客が持ち込んだ不適切な応援…

インスタ映えのために残された料理とInstagramブームに取り残された齢24のおっさん

食べ物に牙を剝くInstagramの大波 ここ数ヶ月で天下のNHKすらもインスタ映えを意識するようになっている。6月の番組では、インスタグラムに限定せず、「SNS映え」という形で過剰とも言える飲食店の売り込み戦略について特集していた。 hh.pid.nhk.or.jp 若者…

文春砲不発:声優ゴシップが響かない理由

役割を捉えぬゴシップ 最近、天下の文春砲が声優に関するゴシップ記事で失敗しているということが話題になっている。記事の内容がネットユーザーのおもちゃにされたり、熱愛がむしろ祝福されたりして、スキャンダルとしての意味をなしていないのだ。 おそら…

「シャープ製品公式」から学びたい公式アカウントの注意点

ソーシャルメディアで公式アカウントが炎上しないために 件の「シャープ製品公式」Twitterアカウントが停止されることが発表された。これは、任天堂から発売される「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」について、収録ソフトを値踏みして批評す…

ネットの嘘を見抜くために最低限の努力はしようというお話

誤情報を発信しないためにできること 某テレビ局が最近、誤報を2回出した。いずれもネット情報をソース(出典)にしたと見られ、お笑いのネタとして書き込まれたものを真に受けている。騙されるとは愚かだとも言える。 とはいえ、自分たちが騙されないかと言わ…

VRシアターに行ってきたので感想などを……

VRシアターの魅力と課題について 先日DMM VR THEATER YOKOHAMAで上演された「アイカツスターズ!イリュージョンShow Time(以下、アイカツスターズ)」を拝見した。このVRシアターというのは誤解を招きやすいので、簡単に説明したい。というのも、世間で言われ…

アニメの地域格差:情報のグローバル化とはなんだったのか?

Photo via pixabay インターネットが情報格差を是正しない業界 インターネットの普及が情報格差を是正した。そういう思い込みが我々の中にある。なるほどeコマース(電子商取引・ネットショッピング)であらゆるものが地方在住者の手に届くようになり、電子書…

紙おむつのCMが紙おむつの広告になっていない件について

CMが表現すべきものとは 現在、紙おむつを扱うメーカーのCMが炎上している。主人公である母親が乳児の子育てに奔走するという内容の作品だが、夫の存在が限定的で、肝心の販促ができておらず、子育てをする母親への応援にもなっていない。そのため、母親によ…

それは本当に「二次元」か? 最近の表現物を巡るトラブル

セクハラによる炎上 空想なのになぜ? 最近、表現物がセクハラと判断され、炎上する事例が多発している。ここ数週間で起こって鎮火した事例が2つある。

学生のノリを大手企業で出してはいけない 防げなかったハラスメントと炎上

面白いと思って出したのに批判されるワケ 出版社がイラストレーターに描かせた性的に不適切な(オブラート)女子トイレの標識が現在絶賛炎上中だ。記事の中では、面白い絵が描けて、部署内で絶賛されている旨のことが記されており、部署に女性が常勤していない…

レシピサイトを安全に使うための約束

Photo via kaboonpics ユーザー投稿型と専門家監修型 レシピサイトには大きく分けて2つある。 ユーザーがレシピを投稿して共有するレシピ投稿サイト 専門家がレシピを作成してメディアが掲載するレシピサイト レシピ投稿サイトは老若男女から人気を集めてお…

遊戯王VRAINSで新規ユーザーがデュエルに参戦できるかという問題

決闘者はコンマイ語とソリティアの呪縛から解放されたか 遊戯王VRAINS(ブレインズ)が正式に発表された。それに伴い、リンク召喚やマスタールール4なども公開されている。この変更によって、既存のプレイヤーに混乱が生じているのは周知の通りだ。混乱の原因…

Nintendo Switchはゲーム機に触覚を与えた!

ゲームから画面が消えたということ Nintendo Switchの全体像がわかってきたが、一番に注目したいのはやはり、HD振動とモーションIRセンサーのついたJoy-Conだろう。Joy-Conは触覚を出力することができるため、テレビゲームをこれまでにないものへと進化させ…

iPhone7の発売で音ゲークラスタのゲージが0になった話

Photo via VisualHunt iPhone7 イヤホンジャック廃止 iPhone 7が正式発表になりました。噂をされていた通り、イヤホンジャックが廃止になりました。音楽ゲーム(音ゲー)クラスタの不安が現実になろうとしています。 音楽ゲームといえば、ゲームセンターにある…

『KING OF PRISM by Pretty Rhythm』LINE LIVE 公式配信から見る可能性と課題

劇場で騒いでもよい*1話題作、早くも無料配信 『KING OF PRISM by Pretty Rhythm』とは 2016年8月23日、LINE LIVEにおいて未だ劇場公開中の映画『劇場版KING OF PRISM by Pretty Rhythm』(通称・キンプリ)の公式配信があった。この映画は女児向けアニメ『プ…

KING OF PRISM by PrettyRhythm応援上映をプリリズキャラで喩えたら

上がる知名度、下がる民度……? 応援上映がマスコミに取り上げられることが多くなってきました。応援上映自体の知名度が上がり、人気が出てきた一方で、川崎市の映画館で迷惑行為によって『ラブライブ!』の応援上映が中止になるトラブルも発生しています*1。…

劇場版『KING OF PRISM by Pretty Rhythm』コンテンツの成長と「ファンの質の悪化」との葛藤

終わった女児向けコンテンツから新しい女性向けコンテンツへ 最近、応援上映という言葉を耳にすることが多くなった。観客に鑑賞以外の行動を許した上映の起源の話は置いておくとして、応援上映という用語を使っているのは、『KING OF PRISM by Pretty Rhythm…

KING BLADEを買って応援上映会に行った時の話

Photo via VisualHunt.com 先日、地方のキンプリ*1応援上映会に行った際、ふと思い立ってKING BLADEを現地購入した。ペンライトを買ったのは、某アイドルユニットのライブで化学反応で光るサイリウムを買った時以来だった。私が買ったのはKING BLADE X10 III…

報道を中立的な立場から見る方法〜政府以外の情報・二次情報〜

前回は政府の情報の確かめ方を紹介しましたが、今回は政府以外の情報です。 前回の記事はこちら↓ popncandyrocket1ban.hatenablog.com 企業の情報 株式上場企業の出した決算などの情報は、企業のウェブサイトのIR情報のページにあります。子会社のウェブサイ…

KING OF PRISM by PrettyRhythmでダメなヤジをまとめてみた

個人的な偏見になってしまうが、『KING OF PRISM by PrettyRhythm「愛をいっぱい届けよう!プリズムスタァ応援上映」』(以下、キンプリ応援上映、もしくは単純に、応援上映)でダメだと思うヤジをまとめてみた。アニメ記事ではあるが、例のごとくアニメの内容…

映画『KING OF PRISM by PrettyRhythm』応援上映におけるヤジ問題について(直球)

2016年4月12日(火)のフジテレビ「めざましテレビ」にて、『KING OF PRISM by PrettyRhythm』の応援上映が紹介された。この番組が放送される前から、この応援上映における他人を不快にさせるような心ないヤジが問題になっていた。 KING OF PRISM by PrettyRhy…

「ラーメンを啜る人がいるのでやめさせてほしい」というのが応援上映会

現在ネット上で問題視されているもののひとつに、映画館における声出し可のイベント上映がある。おそらく子どもを持つ親からすれば、子どもが騒いでも許される雰囲気があって好ましいと思うだろう。普通の一般客から見ても、心の中で行っていた映画への働き…

スポンサーリンク