気持ちのサンドバッグ

気になったことを調べて、まとめたり意見を書いたりします。あくまで個人によるエッセイなので、事実関係の確認はご自身でお願いします。

ICUの自転車事情

ICU生にとって自転車は重要です

ICU生にとって自転車は身体の一部です。自転車がないと不便な生活を強いられるかもしれません。

 

時間内に体育館に辿り着けない

ICUでよくある話ですが、本館や理学館で授業を受けていると体育に間に合いません。休み時間は10分ですが、体育館に移動するのに5〜10分はかかりますので、着替える前か着替えている間に時間が来てしまいます。(体育の次の授業も同様)。自転車の力を借りればなんとかなります。事前に着替えて前の授業を受ける人も多いです。そうは言っても、無理はあると思いますので、各授業の担当教員に相談しましょう。


食事に行くのに自転車が重要

ガッキ(大学食堂)に行くには徒歩でいいのですが、周辺の飲食店に行くには徒歩で10分以上歩く必要があります。そんなことであれば、自転車で4〜5分で行ったほうがいいですよね。同様に、学園祭の買い出しも、ホームセンターやスーパーまで遠いので、自転車が必須です。よくお酒が出る食事に自転車で行く人がいますが、お酒を飲む人は飲酒運転になりますのでやめてください。

 

駅から大学へのアクセスが悪い

交通アクセス|国際基督教大学(ICU)

公式ウェブサイトでICUの最寄駅と言われているJR三鷹駅とJR武蔵境駅は、両方ともバスの利用が前提となっています。JR東小金井駅や西武新小金井駅は近いですが、それでも徒歩では厳しいです。京王線調布駅からのバスが利用できますが、明らかに遠いです。

 

そこで役立つのが自転車です。上記の駅の利用者や近隣住民だけでなく、東京外国語大学周辺などの西武多摩川線沿線の人も使えます*1武蔵境駅周辺や東八道路(大学周辺)には自転車専用レーンや自転車に車道側を通るように促す表示があって、使いやすいです。

 


自転車を買うときのポイント

自転車は高い買い物です。たしかにアジアで量産された安いものもあります。でも、それは4年間保ちません。特に自転車を専門としない量販店で売られているものは、元の材質が脆いので、修理に適さないのだそう。府中方面・武蔵小金井方面から通う人は、坂を登ることを考えて、タイヤが頑丈なものを買った方がいいそうです。というのを以前自転車を購入した個人経営店の方に言われました。原材料費の高騰や円安などの影響で、自転車店も逼迫しているようです。でも、1万円の自転車を4回買い換えてたくさん修理するよりは、4万円でも出して、頑丈なものを買った方が後のためではないでしょうか?高い自転車は盗まれやすいと思うかもしれませんが、不注意で盗まれるケースも多いようです*2。最近は(購入時に受け取った鍵をすべて送ることを条件に)盗難補償をしてくれるものもあるようですから、高くても心配しないでください。心配するのは、あなたの不注意に対してです。なお、ICUで自転車を駐輪するには、利用登録が必要です。不法に駐輪したとして撤去されないように気をつけましょう。

 


ICUにおける自転車の問題

ルール違反は結構多いです。駐輪していい場所は、大学が指定した学内の駐輪場、あるいは一般に駐輪していいと定められた公共の場所です。「職員がいない時間帯であれば撤去されない」と大学の建物の目の前に停める人もいます。目の不自由な学生もいますから、大変危険ですのでやめてください。

あるいは、法律で定められたルールが守られていない状況も散見できます。例えば、道路の右側を走っているケース、信号を無視しているケース、自転車が走っていいと書いていない道路を走っているケースなどです。自転車を利用する者として、法令順守は絶対だと思っています。

新入生の皆さん、受験を検討している皆さん、どちらでもないけれど見ている皆さん、ルールを守って楽しく自転車に乗りましょう。

*1:外語大周辺の場合は西武多磨駅が最寄りなので、終点の武蔵境まで行って、武蔵境から駅バスを使えるのですが、距離の割に明らかに交通費と時間がかかりすぎます。新小金井駅で降りることもできますが、上記の通り、遠いです。

*2:自転車の盗難被害を防ぐ3つのポイント | みんなの鍵屋さん