気持ちのサンドバッグ

気になったことを調べて、まとめたり意見を書いたりします。あくまで個人によるエッセイなので、事実関係の確認はご自身でお願いします。

スポンサーリンク


なぜ大学生にもなってサークルに入らねばならぬのだ?

「大学生にサークルなんて必要か?」に対する答え

私が大学に入学したての頃、ビラを渡してくる上級生を全力で振り切り、メルボ*1に入ったビラを全力で捨てました。

「大学は勉強する場所。遊んではいけない。」

本気でそう信じていました。ICUは勉強をするための大学で、東大や早稲田や慶応みたいに既得権益もなければ、馬鹿騒ぎをする連中もいないと思っていました。でも、現実は違います。既得権益と思える部分もあったし、馬鹿騒ぎもあった。

それでも、私はサークルに入ってしまいました。セクメ*2が私の趣味に関わるサークルに入っていたのです。”Japanese sci-fi action dramas”に関係するサークルがICUにあり、彼女たちはその一員になっていました。どんなものだろうと見物しに行ったら、いつの間にかサークルに入っていました。そしていつの間にか、私にとって、なくてはならないコミュニティになっていました。

なぜ入ってしまったかを説明するには、なぜサークルを嫌悪していたのかを説明した方が早いでしょう。私は、中学の頃から遊んでふざけて先生から怒られる人達を見下していました。大学のサークルで飲みまくっているという親戚にも呆れていましたし、なぜ表向きに自分の悪い部分をさらけ出すんだろうと思っていました。世間に見せるのは、デキる良い子の自分だけでいいのに……でも、高校を卒業すると、周りの不良どもは、GMARCH以上の大学に合格していました。私は、浪人しました。学校で真面目に勉強していたのに、何が違うのだろうと思っていました。結局、学校と家を往復し、隠れて遊ぶという日々は高校、浪人を経て、大学入学後も延々と続きました。悪いことをしている人が勝ち組になって、悪いことをしていない自分が負け組になっていることに納得がいかなかったのかもしれません。言い換えれば、勉強をせずサークルで遊んでいる人を許せなかったのかもしれません。でも、実際にサークルの人と楽しく話しているうちに、いつの間にかサークルに入っていたのです。

じゃあ、サークルに入っている人は遊び尽くしの堕落した生活を送っているのか?いいえ、違います。遊んでいる人は、遊びながらも遊びと同じぐらい熱心に勉強しているのです。秋学期の初頭、サークルのメンバーや、周りの別のサークルに所属しているセクメから「ジェネード*3でAとれなかった」という悔しい声が聞こえてきて驚愕した覚えがあります*4。あんなに遊んでいて、Bがとれたのかということに対しての驚愕です。その時、私はELAではCだらけでした。でも、遊びながら、バイトというルール違反*5までしていた人がAをとっている事実には納得できませんでした。


この不条理に対して私が4年間で出した答えは、「ダメな自分を隠しているからいつまでたっても成長しない」でした。いろいろなリスクに挑戦していくからこそ「デキる自分」が出来上がるのであって、最初からリスクを避けていては、何にもできないのです。実際、大学4年間を生きてこられたのはサークルの仲間がいたおかげです。2年以降はサークルの仲間がいないと絶対に辛いはずです。


ここまでふわふわした話をしてきましたが、ここからが本題です。

サークルに対する誤解

サークルを嫌う人がサークルに対して抱くであろう想いをまとめてみます。

性交渉の場である

すべてのサークルがヤリサーではありません。真面目にテニスをやっているサークルだってあります。それに、ICUに関して言えば、女性が多いですし、性行為を強要するような男性は少ないはずです。そもそも、肉体と精神の性別が一致しない人や性別を気にしない人、同性を好きな人、性行為を好まない人などいろいろな人がいます。(どちらかといえば、スイーツタイムの方が多いサークルも……?)


遊び尽くしである

遊ぶことも重要ですが、サークルのメンバーで一緒に授業をとったり、協力して課題をやったりしている場面はよく見ます。もちろん平等性の観点から、多くの場合、グループワークではバラされます。でも、図書館のグループワークスペースなどで一緒にレポートをやっているサークルは結構あります。それに、サークルの中には、慈善活動や研究をしているサークルもあり、一概にサークルは遊びとは言えません。


「コミュ障」には無理

あなたが「コミュ障」だと思っているものは、必ずしも薬だけで治るものではありません。誰かと交流することも大事だと思います。ICUの場合は、気に入らない人を受け入れないとか、喋るのが苦手な人を排除するといったことはないと信じています。学生宣誓にサインしたのですから。


サークルの利点

大事な情報源

ELAのセクメだけでは、情報源は足りません。サークルの先輩がいれば、大学生活であなたに降りかかる不条理の正体もわかるかもしれません。例えば、ある授業が難しくてついていけずに悩んでいたら、その授業のメジャーの先輩に、担当教授の授業が全般的にすごく難しいということを教えてもらうことができ、私がダメだったわけじゃないと思えました。


ストレスのはけ口

課題やバイトで疲れた時にサークルの仲間がいることは大きな助けになると思います。特に、2年以降はセクメと疎遠になりがち*6なので、サークルの仲間は大事です。飲み会はありますが、お酒を無理に飲ませようという風潮はほとんどなく、それに、最近のお店はきちんと身分証の確認をしてくれるので、お酒を飲まされる心配はありません。


力が身につく

サークルで役割を与えられること、あるいはサークルに参加していること自体があなたの力になるはずです。渉外などの経験は確実に社会で役に立ちますし、体育会系サークルでプレイしていた経験は社会で評価されます。実力がつけば、裁量権もどんどん増していきますし、自己実現がしやすくなります。


サークルの難点

費用がかかる

もちろん、サークルに参加する以上、部費や装備などにお金を払う必要があります。兼部すれば、それなりにお金がかかります。すべてのサークルや部に部室が与えられるわけではないので、場合によっては装備などを毎回持ち帰る必要がありますので、それもある意味でのコストです。


新たなストレスになる可能性がある

もう一つの問題は、新たなストレスになる可能性もあるということです。サークルとセクションの大きな違いは、先輩やOBがいるかいないかです。たしかに先輩はいろいろな局面で頼りになりますが、一方で、活動の支障になることもあります。筆者の周りでは、OBとの確執で精神的に追い込まれたという人もいるので、侮れません。


サークルのせいで忙しくなる

サークルのせいで物理的な負担が増える場合があります。つまり、サークルの事務を一手に担ってしまうと、肉体的にも精神的にも疲れてしまうということです。もちろん、繁忙期(忙しくなる時期のこと)もあります。繁忙期には、幹部じゃない部員も忙しくなります。サークルのせいで授業が受けられないという趣味と仕事の逆転現象を起こす場合もあるので、できない時はできないときっぱり言ったほうがいいです。

 

 

サークルに入ることをいいことと捉えるか、悪いことと捉えるかは、あなた次第です。でも、4年生になってからサークルに入って活躍したい、成長したいと思ってももう遅いということは肝に銘じておいてください。

*1:メールボックスの略。ICUの全学生に与えられたポスト。

*2:セクションメイトの略。セクションはリベラルアーツ英語プログラム(ELA)のクラスのこと。

*3:一般教育科目。専攻にする人を対象としない、一般向けの科目。

*4:今だから言いますが、ジェネードは人文・社会・自然科学・J開講・E開講にかかわらず、Aを取ってください。

*5:1年1学期はバイト禁止。

*6:もちろん以前のブログのタイトルにある通り、何年経ってもセクコンをするセクションはあります。でも、だんだん疎遠になっていくのは避けられません。

スポンサーリンク