気持ちのサンドバッグ

気になったことを調べて、まとめたり意見を書いたりします。あくまで個人によるエッセイなので、事実関係の確認はご自身でお願いします。

Apple PayでモバイルSuicaを使う前に知っておきたいこと

対応するお店は? 代わりのPASMOに関しても説明

最近、iPhone 6Sの調子が悪いので、機種変更を検討中だ。

iPhone 7以降はApple Payが使えるということで、モバイルSuicaを使ってみたい。

そこで、今回はモバイルSuicaについてまとめる。

 

 

 

 

 

準備:予備のPASMOをゲット

モバイルSuicaが使えなくなったときの代替手段として、PASMOを用意する。

 

例えば、2018年のソフトバンク通信障害では、モバイルSuicaが使えない被害があった。

帰宅前にiPhoneの充電が切れた場合などにもPASMOが役立つ*1

モバイルSuicaの代わりとして、PASMOを持っていても損はないだろう。

 

ところで、PASMOには記名式と無記名式がある。

 

記名式

  • 名前(カタカナ)が印字される。
  • 名前・生年月日・電話番号・性別(男性/女性)を登録する。
  • 私鉄の券売機(手入力)か、駅窓口(紙に記入)で発行できる。
  • 紛失した場合、残高やオートチャージを引き継いで再発行できる。

 

無記名式

  • 個人情報を登録しないが、紛失した場合の再発行・残高返還はない。
  • 私鉄の券売機で発行できる。

 

何かに連携して使う前提ではないので、お好きな方でよい。

私は記名式にした。

 

SuicaとPASMOの違い
  • 普通のPASMOには買い物ポイントのサービスがない。PASMO機能つきのクレジットカードなどを使う必要がある。
  • 各私鉄が乗車ポイントのシステムを設けている。事前に登録すれば、利用額に応じてポイントがたまる。
  • Suicaと違い、バス定期券を作れる。
  • 2019年2月現在、PASMOはおサイフケータイに対応していない。「モバイルPASMO」を使って、Suicaをサブにすることはできない。

 

私鉄・バス向けICカード「PASMO」はSuicaの代わりとして使える。

 

モバイルSuicaとは

おサイフケータイ対応のiPhone 7

日本仕様のiPhone 7以降には、日本のおサイフケータイ用のチップが入っている。

iPhoneを使って、クレジットカードなどを使った買い物ができる。

中古などで海外仕様のiPhone 7を買った場合は、使えないので注意したい。

 

iPhoneで乗車&支払い

SuicaもiPhoneでの支払いと乗車に対応している。

Suicaのアプリから設定することで、紙のSuicaのように使えるようになる。

 

では、関東の電車以外ではどこで使えるのか?

 

基本的に、Suicaが使える店では、モバイルSuicaでも買い物ができる。

お店の機械は「Apple Pay」ではなくて、支払う電子マネーの種類で判別しているのだ。

Apple Payに対応しているのは、iD・QUICPay・Suicaが使えるお店だと覚えてもらえればよい。

 

Apple Pay版モバイルSuicaの注意点

紙のSuicaは無効に! ID番号も変わる

iPhoneにSuicaを登録すると、紙のSuicaが無効になる。

私がPASMOを買ったのはそのためだ。

 

それから、Suica ID番号も変わってしまう。

Suicaを連携している各種サービスは設定しなおす必要がある。

機種変更する人もIDが変わることがあるようなので、ご注意を。

 

対応ポイントはJREとPontaのみ お得に使う方法は?

現在、モバイルSuica単体でポイントが付くのは、JRE POINTとApple Payに対応したPontaだけである。

 

JRE POINTは、JR東日本のポイント。

初期状態では入っていないので、自分で登録する必要がある。

Suicaの支払いでポイントがつくのは、一部の加盟店だけである。


Pontaもローソンのみだ*2

 

ただし、チャージ元にKyashを指定すれば、2%のキャッシュバックと、紐付けたクレジットカードのポイントが得られる*3

また、モバイルSuicaは例外的に、6000円以上チャージでないとキャッシュバックを受けられないので気をつけたい。

 

2/3をもって、SuicaチャージはKyashのキャッシュバックの対象から外れた

モバイルSuicaを使うひとつの理由がなくなったといえよう。

 

二度手間にはなるが、紙およびアプリのポイントカードを提示することも可能だと付け足しておく。

 

モバイルSuicaはSuicaが使える店で利用可能。

リアルカードが無効になる点、Suica ID番号が変わる点に気をつけよう。

Suicaの利用でJRE POINTがたまる加盟店、またはローソンでモバイルSuicaを使うと、それぞれポイントがつく。

 

スーパーでの貴重な支払い手段

2019年2月現在、モバイルSuicaのお得感は薄れているのが実情だ。

でも、スマホから使える貴重な支払い手段ではある。

バーコード決済やクレジットカードが使えないスーパーでも、Suicaには対応しているのではないか?

 

紙のSuicaに比べて、残高の管理がしやすいメリットもある。

キャッシュレス決済の一手段として、ぜひiPhone 7以降のApple Payを検討してほしい。

*1:入場前にiPhoneの充電が切れた前提。乗車中にiPhoneの充電が切れた場合は駅係員に言って、後日に出場記録をつけてもらう必要がある。入場していないPASMOでは出られない。

*2:レジで「Apple Payで」と言えば、Pontaへのポイント付与と決済が同時に行える。ポイント付与はおサイフケータイの仕組みではないので、iPhone 6Sでも使える。だが、別のアプリを開くバーコード決済では、この機能が使いづらい。

*3:KyashはiDでもQUICPayでもないため、モバイルSuicaでしかApple Payを利用できない。KyashユーザーがモバイルSuicaにこだわるのは、このため。