気持ちのサンドバッグ

気になったことを調べて、まとめたり意見を書いたりします。あくまで個人によるエッセイなので、事実関係の確認はご自身でお願いします。

メディア

【探偵ごっこ】SNSのデマに注意 裁判に発展する事例も

ネットユーザーが探偵ごっこをして、デマを拡散するケースが増えている。容疑者の親の会社とされた企業は全くの無関係だった。別のケースでは、ネットの写真から邪推し、誤った企業を犯人と決めつけていた。彼らの探偵ごっこはマスコミとどう違うのだろうか?

【Twitter】ファンとアンチの住み分けがされない問題

嫌な内容のツイートを見たことはないだろうか? それはTwitterの仕組みに起因する。そうした意見を見えなくする方法はないのか? この記事では、気に入らない書き込みがTL上にある原因や、それを見えなくする方法を扱う。ミュート、マイナス検索、

スクープ動画投稿者の救世主・買取アプリ ニュース番組で使用例も

Twitterなどで事故や事件のスクープ動画がアップされることもある。だが、テレビ局に無断・無償で利用される懸念が払拭できない。そこでオススメしたいのが、動画買取サイトだ。実際に買取サイトの動画がニュースで使われたケースもある。

【映画】初週の興行収入を上回る 当然では?

映画の興行収入が初週よりも伸びるケースが増えている。SNSで話題になった映画を見るとか、意見を受けて見直すという人たちがいるためだ。反面、意見の画一化など、SNSによるマイナスの影響も心配される。配給会社や映画館はネットを注視すべきである。

気になる映画があるなら ムビチケとシネマイレージカードがお得

映画をたくさん見るのに、1800円満額を払っている人はいないだろうか? ムビチケで前売り券を買えば、割引を受けられる。TOHOシネマズのシネマイレージカードもおすすめだ。この記事では、この2つについて、お得な使い方を紹介する。

【バーチャル蠱毒】VTuberの公開オーディションの意味

バーチャル配信者・VTuberの中の人を決めるオーディションが、配信サイトのSHOWROOMで行われている。同じ声・同じ姿の人の潰し合いはネット上でバーチャル蠱毒(こどく)とも称される。この記事では、主にバーチャル蠱毒の欠点を取り上げる。

声優は資格とみなした方がよいのではないかという話

声優が活動の場を広げる中で、雑誌のモデルなど、声に関係ない仕事が増えてきている。もはや声優という肩書きに意味はない気がする。ならば、声優は職業ではなく、タレントの一技能とみなすべきではないか? 真の意味での声優のタレント化が求められている。

「◯◯ってダサいよね」 他人の好き嫌いに流されてたまるか

ネット上のレビューは買い物の参考になる。だが、◯◯はダサいという書き込みがユーザーの自由を奪っている。多く共有された意見が絶対正義のネット社会では、1人の意見が既成事実になる。私たちはそうしたネット上の評判にどう向き合えばよいのだろうか?

【カスタムキャスト】ライブ配信用のアバターを作るアプリ

アバターによるライブ配信を支援するアプリ・カスタムキャストがリリースされた。スマホで美少女キャラを作成し、そのまま生配信ができる。かつてはマスクをつける生主が多かったが、今はバ美肉によってプライバシーが保護される。アプリの意義を説明したい。

潰れていく商店街 SNSで集客を!

客が減って、シャッターが降りていく商店街。大型チェーンに流れていく若者を個人店に集客するために、ネットやSNSの活用が求められている。なぜ若者が青果店を避け、スーパーに行くのか? SNSに何を載せればよいのか? ネットの使い方を提案する。

「仮面ライダー俳優死亡」報道が踏み絵になっている件

仮面ライダーシリーズなどに出演していたスーツアクター・野邉大地さんが訓練中に死亡した。スーツアクターはアクション俳優であるが、俳優と報道するなとの声が一部にあり、思わぬ対立を招いている。この記事では、スーツアクターの仕事について説明したい。

過去にヘイトスピーチをしていたら人生終了なの?

Twitterで過去にヘイトスピーチをしていたら人生終了なのか? それは誤解だ。ヘイトスピーチを含む過去のツイートを残しておくことが問題である。この記事では、Twitterに関する誤解を払拭しながら、過去の発言をどうすればよいか考える。

ライトノベル出荷停止は表現の自由の侵害か?

作者が過去にヘイトスピーチをしていたとして、人気ライトノベルが出荷停止された問題。これについて、表現の自由が脅かされたとする声もある。本当に作者や出版社の自由が奪われたのか? シャルリー・エブド襲撃事件や出版社のビジネスに触れながら考える。

ソーシャルメディアで本名垢が注意すべきこと

ソーシャルメディアで相次ぐ著名人の失言。彼らには所属と名前を名乗っているという意識がないようだ。本名垢は所属先の意見とみなされる場合もあり、差別発言や関係先を悪く言うことは避けなければならない。この記事では本名垢が負う責任に言及する。

「仮面ライダー俳優逮捕」報道の問題点について

仮面ライダーに出演した俳優が逮捕されたというニュースが報道された。しかし、実際には三度のゲスト出演のみだった。にもかかわらず、報道機関は正義のヒーローが悪に堕ちたというシナリオを書きたいようだ。これは番組の地位を不当に貶める行為である。

キッズ向け動画に要注意 エルサゲート被害に遭わないために

エルサゲートから子どもを守るため、公式以外の子ども向け番組の動画配信を見るのをやめるべきだ。大衆向けサイトに投稿される動画はフィルタリングが難しい。有料配信サイトを使うなどして、お子様に不適切動画を見せないようにしよう。

YouTuberに放送コードはないのか?

YouTuberが子どもの人気者になる一方で、倫理・法令違反も相次いでいる。この状況から、YouTubeは不健全な無法地帯だと思う人もいるだろう。しかし、YouTubeには倫理や法令遵守に関する規定がある。誰でも不適切な動画を通報することが可能だ。

郵便以外で新年を祝おう SNSで年賀2017-2018 インスタ映えも

日本郵便などの流通業界の人手不足が懸念される中で、年賀状以外の新年の祝い方が注目されている。保護犬のフリー素材やペット用のフォトスタジオなど、Instagramに上げる用の写真がトレンドのようだ。お年玉付きLINEスタンプも発売される。1枚の画像を年賀…

最近のアイドル声優ユニットにうんざりしている人へ贈るアイドルゲーム界の新星

異彩を放つ歌とダンスに注目したいコンテンツ 量産される無機質なアイドルゲーム、世界観がないに等しいアニメソング…… ……資本主義によって生み出された哀しいコンテンツにうんざりしてはいないだろうか? 今宵、そんなあなたにオススメしたいのが、アプリゲ…

若者はネットやSNSの情報を必要としている

今の時代、若者はネットやSNSから買い物の情報を仕入れている。レビューやそれに対する評価を見ることで、商品の具体的な情報をつかむ。ネットでは幅広く情報が手に入るので、若者は熟練した消費者よりも賢くなる可能性がある。この記事で詳しく言及する。

スクエニの新メディア戦略 「アプリコット・レグルス」とは何者なのか?

スクメロは2.5次元コンテンツとして王道か? 邪道か? 突如現れた2.5次元アイドル「アプリコット・レグルス」。本人たちの説明不足もあり、その実体がうまく伝わっていない気がする。 彼女たちはライトノベル風RPG「スクールガールストライカーズ」というゲ…

ユーザーを軽視する企業にネットキャンペーンは難しい

電柱フォトコンテスト ある団体が無電柱化を推進しようと、電柱が風景を害している様子を撮った写真を募集した。 mudenchuka.jp 本来美しい写真が集まるフォトコンテストで、醜(みにく)い写真を募集するという奇をてらった企画。のはずが、風情ある風景写…

フェイクニュースを防ぐためには撮影・録音が一番だ

ネットメディアの発達で、情報の伝わるスピードが上がっている。フェイクニュースが拡散されることも多い。そんなときに発言者に求められるのは、発言の記録をネット上に残すことだ。動画配信サイトやテープ起こしソフトなども発達しており、誰でも簡単に発…

スポーツマンを場外で批判することはスポーツマンシップに反するのではないか?

Photo via pixabay スポーツの試合を裁くのは誰か? スポーツの試合で暴徒化した観客が乱闘騒ぎを起こす。 海外のニュースでよく報道される光景だ。 だが、ネットが発達した今、その舞台はソーシャルメディアにも広がっている。 観客が持ち込んだ不適切な応…

インスタ映えのために残された料理とInstagramブームに取り残された齢24のおっさん

食べ物に牙を剝くInstagramの大波 ここ数ヶ月で天下のNHKすらもインスタ映えを意識するようになっている。 6月の番組では、インスタグラムに限定せず、「SNS映え」という形で過剰とも言える飲食店の売り込み戦略について特集していた。 hh.pid.nhk.or.jp 若…

文春砲不発:声優ゴシップが響かない理由

声優に対する文春砲が不発に終わっている。主な敗因は、メディアでの声優の役割を理解していないことにある。声優は全体的に有名ではないし、声優学校を出た彼らは職人だ。一口に声優といってもさまざまであり、マスコミには声優と読者を的確に分析すること…

「シャープ製品公式」から学びたい公式アカウントの注意点

ソーシャルメディアで公式アカウントが炎上しないために 件の「シャープ製品公式」Twitterアカウントが停止されることが発表された。 これは、任天堂から発売される「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」について、収録ソフトを値踏みして批評…

ネットの嘘を見抜くために最低限の努力はしようというお話

投稿者の利害関係を背景にした書き込み、差別的なデマ、間違った健康情報……ネット上は嘘で溢れている。あなたは信憑性の高い情報を見つけられるか? パクツイを見抜けるか? みんながシェアしている嘘にNOと言えるか? 嘘に騙されない方法を紹介する。

ゴーグルなしで楽しめるVRシアターに行ってきた

VRシアターの魅力と課題について 先日DMM VR THEATER YOKOHAMAで上演された「アイカツスターズ!イリュージョンShow Time(以下、アイカツスターズ)」を拝見した。 このVRシアターというのは誤解を招きやすいので、簡単に説明したい。 というのも、世間で言わ…

アニメの地域格差:配信サイトでも越えられない壁

地方ではテレビアニメの放送が遅れるか、最初からないことが多い。SNSでの実況文化が根付く中で、そうした状況が地域間の格差を生んでいる。頼みの綱は動画サイトだが、同時配信は深夜アニメの一部のみ。テレビ業界には既得権益の打破が求められている。